グリーン、ゴー!

”了解したからその方針でいく”


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

★ですくんのレーシック体験記その1

分で「ですくん」とか書くときめぇ。
まぁそれはともかく(悪いほうに)話題の人体改造手術の一つレーシックを受けてみた。
理由はまぁ色々あるんだけど、眼鏡を買い替えようかと思っていた時に職場でレーシックの話題が出て、
ネットで調べたら安いプランがあったから、って感じ。

EVEのインプラントじゃないぞ!リアルの話だから!サイバネティックではなく!



 
受けたクリニックはこちら
まずは初診検査から。予約フォームから個人情報や希望日などを入力して検査の予約をし
ドキドキしながら検査日を待つ。

そして当日、いざクリニックへ。これが10月21日。水曜日の話ね。
眼鏡の受付嬢に回診表を渡され記入、そして提出。
その後、検査1→レーシック説明DVD視聴→検査2→手術予約という流れで進む。

・検査1
ジャニ系の若い男性医師にあんなところやこんなところをくぱぁと開かされ写真を撮られまくる。
感覚が麻痺する薬を染み込まされ、完全に無気力になった状態のアソコを機器で突付かれる。
なんでも硬さを測定するらしい。(///)
医師が満足すると、今度は興奮すると10倍大きくなる身体の部位を本人の意思とは関係なく
強制的に大きくさせる薬を塗られ放置される。そしてDVDを視聴。

・検査2
DVDを見終え瞳孔も開いてくると次の検査室に呼ばれる。
今度は先ほどのジャニ系ではなく専門医っぽい男性。いい男だった。
例によって目を開いて写真を撮って分析。指示されたとおりに眼球を動かし余す所なく撮影される。
結果、若いし問題ないでしょうということで放流。

またまた場所を移し、いよいよ最後の予約へ。お姉さんに色々と説明され手術プランや希望日などを聞かれる。
いくつか問答し、質問や不安などを相談する。
それらが解消し確定すると本日は終了。
手術三日前から欠かさず点けろ、と言われ目薬二種を渡されクリニックを後にする。

そして帰り道。
検査1でぶち込まれた瞳孔を開かせる目薬のせいか、太陽光がめちゃくちゃ眩しい。目が開けられないくらい。
日差しにうろたえつつフラフラと逃げ込むように日陰へ。ヴァンパイア化が進む前になんとか帰宅。
実際の手術後も光が眩しく感じたりすることがあるらしい。
恐怖に怯えながらも次回に続く。
テーマ : ◇◇◇レーシック◇◇◇    ジャンル : 心と身体

Comments

 
赤外線も見れる眼に改造しようや
 
服が透けて見えるようになるんですか!?

« »

08 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Tosh

Author:Tosh
深刻なMMORPG不足に悩まされています

カウンタ
カテゴリー
月別アーカイブ
我々のケニー
歩くケニー PSPで遊ぶケニー

Archive RSS Login
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。