fc2ブログ

グリーン、ゴー!

”了解したからその方針でいく”


Oblivion 2008-04-03 18-35-46-12
スポンサーサイト



テーマ : Oblivion    ジャンル : ゲーム

にょびってる?

ーもう記事にするの忘れてた。

今回はほのぼのしてるのでご家族で楽しめるかと思います。
みんなもボンド嗅いだり蛙なめたり糞尿発酵させたりシンナー吸ったりしすぎないでね!人間終わっちゃうよ!

ラリっちゃった世界の元ネタはこちら。2:00あたりから曲が始まります。

ガクブル島旅日記その10

て、出口はこちらでございます」
青白おじさんの誘導に従い、通路をてくてくと歩いていく。
ご褒美に貰った剣は綺麗だけど重いから背中に担ぐことにした。お気に入りのエルヴンダガーもあるしね。
少し広い空間に出た。奥に下り階段が見える。

「それでは、お気をつけてお帰りくださいませ」
おじさんが深々とお辞儀をしたので、こちらも釣られてお辞儀をしてしまった。
「あっ、どうもありがとうございました」
おじさんに別れを告げ、下り階段に向かおうとすると、ガチャガチャという音が聞こえてきた。
これは…重装備の人が走ってる時に鎧が揺れて鳴る音…かな?
階段の方から、鈍く重い音が複数重なって聞こえてくる。なんか…結構近い?

「これ、何の音ですかね…?誰かがこっちに向かってきてる感じが…」
おじさんのほうを振り向きながら問いかける。

柔和なおじさんの顔が歪んでいた。驚愕と恐怖の入り混じったような。

初めて見るその表情に、少し戸惑いながらも話しかけた。
「お、おじさん、ど…どうしたんですか?」

その時だった。おじさんがカッと目を見開き叫んだ。

「危ないッ!後ろです!!」

その言葉を聞き終わる前に、私はダガーを抜いて振り返っていた。



テーマ : Oblivion    ジャンル : ゲーム

« »

04 2008
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

Tosh

Author:Tosh
深刻なMMORPG不足に悩まされています

カウンタ
カテゴリー
月別アーカイブ
我々のケニー
歩くケニー PSPで遊ぶケニー

Archive RSS Login